へっぽこアングラーだーやま

【釣行 10月4日】ちっちゃいものク〇ブ

【スポンサーリンク】

本日は朝マズメに自転車でチヌトップへ行ってきました。

今回の状況

干潮は4時半くらい、さらに夜中は雨が降っていたので、水位が上がってちょっとトップはきついかなーと予想。

というのも、水深がある程度浅くないと表層にいない限りはなかなか反応してくれないんです。

あくまで私の基準ですが、狙うのは水深0.5〜1mの場所で、それ以上深いとチヌやキビレの意識は下のエサに向いて、ほとんど無視されてしまうと考えてます。

私自身、普段はあんまり狙わないんですが、シーバスもベイトの回遊などが無ければ底付近でボケーッとしてるやつが多く、水面から底までの距離があればあるほど見切られてしまいがちです。

今日行った場所は、着いた時点で水深はほぼ1m前後、最初はボイルも無く、厳しいかなーって状況でした。

 

投げてみると…

最初のうちは全く反応がありませんでしたが、しばらくすると、シーバスのボイルが始まりました。

ちっちゃいのばっかですが、時々フッコ(?)サイズも混じってる様子。
f:id:zako-angler:20201004094758j:image
最初はデュエルの3Dインショアポッパーを投入。

一投目はペンシルがいいとおっしゃる方もいますが、私がそれをするのは初めての場所のみで、それでポッパーの反応がよければ2回目以降からはポッパーを使いまくります。

もともとペンシルよりもポッパーのほうが見た目が可愛らしくて好きで、なおかつ使いやすいっていうのもあります(笑)

3Dインショアポッパーを投げると一投目からそこそこの大きさのシーバスが飛びついてきました…が、惜しくもフッキングせず…

しかも今回はこの1匹で大きいやつは終わってしまいます(゚ロ゚)

そこからはちっちゃいのがガンガンボイルし始め…

ポコッ…ポコッ……ペチッ!!

もうあの小さいやつ特有の「ペチッ」という音ばかり…(笑) 

回収寸前までちっちゃいやつが大量についてきます。

私はこういう状況を「ちっちゃいものクラブ」と呼んでます(笑)

ちなみにちっちゃいものクラブとは「おじゃる丸」に登場する電ボのような小さい生き物たちによって結成された団体で、満願神社で集会を開いてはグチをこぼす…そんな団体です(笑)

さらに小さい生き物たちの団体の「ちっちゃいちっちゃいものクラブ」もあるんだとかw

話がずれましたね…戻しましょ(笑)

 

投げても投げても…

f:id:zako-angler:20201004095620j:image

毎投当たっては乗らずを繰り返してましたが、ようやく乗ってくれて釣れたのは20cmほどのヒラセイゴ。

f:id:zako-angler:20201004101350j:image

完全にちっちゃいものクラブが表層を占領してる状態だったので、ここからはデュエルのハードコアLGポッパーに変更。

ちょっとボイルが落ち着いたので、橋桁につくチヌを狙ってみたらすぐにチェイスが…、しかも年なし級!

しかし一定の距離を保ったままついてくるだけなので、たぶん食いつく気は無さそう…

水中でもソーシャルディスタンスですか…(笑)

その後はチヌの反応が得られず、またシーバスのボイルが始まったので、渋々そっちを狙うことに。

毎投当たるので、どうやらLGポッパーが効果抜群の様子。
f:id:zako-angler:20201004102042j:image
LGポッパーのフロント部分にティンセルフックを付けてみると、しっかりとフッキングしてくれますd(˙꒳​˙* )

こいつが釣れたあたりから本格的に上げ潮になり、ガンガン水位が上がってきてるので、もうどうあがいても表層にいるちっちゃいものクラブしか反応しない状況に。
f:id:zako-angler:20201004102407j:image
f:id:zako-angler:20201004102420j:image

写真に収められたのは4匹ですが、バラシも含めれば結構当たってました。

出てくるのは10〜20cm、ヒラばかりかと思いきや、マルもまざっていて、割と楽しめました。

8時くらいになってほとんど出なくなったのでここで納竿。

 

前回は鵜の乱入もありましたが、今回はアオサギがめちゃくちゃいて、イワシやセイゴを飛びかかってました。

時々ポッパーにも反応してきてたのでヒヤッとした時も…(笑)

最初の予想通り水位が高く、あんまり期待はしてませんでしたが、ちっちゃいものクラブでも楽しめたのでまあこれはこれでよしです(b・ω・)b

次はもっと水位の低い時に行ってみます。

 

最後まで見ていただきありがとうございました!

 

 

 ブログランキング・にほんブログ村へ