へっぽこアングラーだーやま

ただ巻きだけで釣れる!ショアトローリングのやり方

【スポンサーリンク】

f:id:zako-angler:20201101075744j:image

堤防から回遊魚を狙う釣りと言えばメタルジグを使う「ショアジギング」が主流。

しかし、彼らが食べているエサ(ベイト)が小さい時にはメタルジグでは対処出来ないこともしばしば。

ジグじゃ全然釣れないって思ってる、そんなアナタにおすすめしたいのがこのショアトローリング

今回はそんなショアトローリングの仕掛けやアクション、必要な道具についてご紹介します。

ショアトローリングってどういう釣り?

f:id:zako-angler:20201101081524j:image

ショアトローリングは、弓角と呼ばれる漁具やタコベイトを装着した針を使ってする釣りです。

f:id:zako-angler:20201101082318j:image

ショアジギングではメタルジグを糸に直結しますが、ショアトローリングでは、弓角やタコベイトを付けた針単体では飛ばないので、画像のように途中にジェット天秤や「マウス」と呼ばれる飛ばしウキを付けて使います。

アクションは投げて巻くだけの簡単操作で、ショアジギングのようにしゃくるようなアクションがいらないので、シンプルな釣り方で楽しめます。

 

ショアトローリングの魅力

f:id:zako-angler:20201101083139j:image

ショアジギングを始め、ミノーやバイブレーションなどのルアーを使った釣りでは、シラスやアミエビがベイトの時には全く釣れないという状況があるのに対し、ショアトローリングでは弓角やタコベイトのような小さいシルエットのものを使うので、上手く行けば画像のようにベイトに完璧なまでにマッチしてくれます。

ナブラやボイルが発生し、周りでガンガン撃ち込んでいるルアーマンの隣で自分だけ入れ食い状態…ということもよくあります。

僕もこれまでショアトローリングで、周りのルアーマンを尻目に何度も一人勝ちをしています。

f:id:zako-angler:20201101084920j:image

また、シーバスタックルやエギングタックルなど、お手持ちのタックルを流用して簡単に出来ます。

エギングやライトショアジギングなどの合間にすることが出来るのも魅力です。

 

ショアトローリングのタックル

ショアトローリングは投げ竿でも可能ですが、今回はルアーロッドでやる場合の仕掛けを紹介します。

f:id:zako-angler:20201101173913j:image

使用するルアータックルはエギングタックルやシーバスタックルなど、お手持ちのタックルを流用してもらって構いません。

ロッド

ロッドについてですが、短めのロッドでもできますが、目立ったアクションは必要なく、とりあえず遠投ができればあとはただ巻きするだけなので、長めのロッドの方が何かと有利です。

狙う魚種にもよりますが、特にオススメなのはLかMLクラスで9〜10フィート台のシーバスロッド、SLS(スーパーライトショアジギング)専用ロッドです。

これらは遠投もできる上、硬い竿だとアタリを弾きやすいの小型回遊魚のアタリもしっかり取れるという点でオススメです。

ラインについてですが、ショアトローリングの場合は太くても釣果に影響が出ないので、思い切って不意の大物への対応力を上げるというのもアリです!

おすすめロッド↓

リール

リールもそのまま流用してもらって大丈夫です。

前述したオススメのロッドに合わせる場合はダイワ・シマノ共に2500〜3000番あたりがおすすめです!

おすすめリール↓

(ダイワ)

(シマノ)

ライン

ラインも同様に流用で大丈夫です。

狙う魚種にもよりますが、小〜中型回遊魚やシーバスが狙いであればPE0.6〜1.5号で楽しめます。

遠投することが多いのでラインの長さは最低限150mは欲しいところです。

僕がオススメしてるロッド、リールに合わせるならリールに巻くPEは0.8号、長さは150〜200mです。

ショックリーダーにつきましては、PEと同じ強度、あるいは少し弱いくらいのものが理想です。

僕のオススメするタックルの場合はPEが0.8号なので12〜16lbあたりのリーダーが望ましいです。

おすすめPE↓

おすすめリーダー↓

仕掛けについて

f:id:zako-angler:20201102174057j:image

使うタックルによってトローリングの仕掛けが変わってくるので、画像のものはちょっと漠然とはしていますが、共通点としてはハリスの長さは60〜80cmが使いやすいといったところです。

ここからは仕掛けで使うものについて解説していきます。

トレーラー

・ジェット天秤

f:id:zako-angler:20201102174840j:image

弓角やタコベイトを遠くへ飛ばす際のトレーラーとなるのがこのジェット天秤。

飛距離はかなり出ますので、遠くのナブラを撃ったりする時に役立ちます。

また、後述する飛ばしウキと違って沈めることができるため、いろんな層を探ることができます。

浮き上がりが早いため、一定のレンジを探るのは難しいですが、その分根がかり回避はしやすいので、ポジティブに捉えましょう(笑)

使用するタックルに応じて適切なウェイトを選んでください。

僕が使っているのは4号(15g)です。

・遠投マウス


「マウス」とも呼ばれるこの飛ばしウキは、飛距離はあまり出ませんが、表層を探るときには持ってこいのトレーラーです。

フローティングとシンキングタイプがあり、前者は表層、後者はいろんな層を探れます。
巻いてくると水しぶきを上げてくれるので、魚の注目を集めてヒットに持ち込む…といった芸当も可能です。

10号(38g)以上のものが多く、そこそこゴツいタックルじゃないと使えないのがちょっとネックなところです。

弓角&タコベイト

・弓角

f:id:zako-angler:20201102194356j:image

弓角は江戸時代後期頃から使われている漁具で、いわば和製ルアーです。

巻いてくるとクルクル回転して魚にアピールをします。

この時に出る独特の波動が、時に一人勝ちへと導いてくれることもあります。

 

・タコベイト

f:id:zako-angler:20201102194707j:image

タコベイトもショアトローリングには持ってこいのアイテムです。

僕が使っているのはデュエルの「メバルジャバラベイト」です。

また、メバルジャバラベイトにはタコ足の部分に小さな突起があり、巻いてくるとその部分が微波動を生み出してアピールをしてくれます。

他のタコベイトにはできないことをしてくれる優れものです。

シルエットも小さく、弓角以上にマイクロベイトにマッチしやすいので、他の人が釣れていない状況でも自分だけ爆釣…ということもよくあります。

ただし、タコベイトはフグやサワラに噛み切られることもあるのでそこは要注意です!

弓角の結び方
f:id:zako-angler:20201102201334j:image

弓角を結ぶ際は「エイトノット」と呼ばれる結び方を使います。

・やり方

f:id:zako-angler:20201102201421j:image

1.上に糸をクロスします。

f:id:zako-angler:20201102201605j:image

2.1でクロスした糸を今度は下にクロスします。

f:id:zako-angler:20201102201645j:image

3.1でクロスした時に出来た輪っかの中に上から通します。

※下から通すと失敗します!

f:id:zako-angler:20201102201753j:image

4.引っ張って余計な部分をカットすれば完成です!

・注意点

f:id:zako-angler:20201102202027j:image

弓角に糸を通す時ですが、内側から外側に通すようにしてください。

逆にするとかけた時にバレやすくなります(信じられないかもしれませんがホントです)。

タコベイトを装着する針の結び方

f:id:zako-angler:20201102202157j:image

タコベイトを装着する針の結び方ですが、ご自分の考える一番強い結び方で大丈夫です。

針はカン付き(糸を通す輪っかのあるやつ)がめちゃくちゃ便利なのでオススメです。

普通に結ぶだけではタコベイトが滑り落ちてしまうので、滑り止めとしてコブを作る必要があります。

そのコブの作り方ですが、ハッキリ言ってテキトーで構いません(笑)

f:id:zako-angler:20201102202555j:image

ハーフヒッチを同じとこで繰り返したり、セキ糸をぐるぐる巻きにしてコブを作ったりしても、最終的に滑り止めになっていれば全然OKです。

 

ショアトローリングのアクション

ショアトローリングはショアジギングと違ってしゃくったりする必要が無く、投げて巻くだけの簡単操作で釣ることができます。

しゃくると結構絡みます(笑)

時々フッと一瞬だけ止めてやるのも誘いになるのでオススメです。

魚がヒットしたら糸をしっかり張って寄せてきましょう。

少しでも緩むと結構バレるのでそこは注意です。

 

狙える魚

・青物(ブリ、カンパチ、サワラなど)
f:id:zako-angler:20201101103649j:image

マイクロベイトパターンの時はショアトローリングでの反応がものすごくいいのが青物です。

よく釣れるのはブリの幼魚(ヤズ、ワカシ、イナダ…などなど)やカンパチの幼魚(ネリゴ、ショゴ、シオ…などなど)、サワラの幼魚(サゴシ)の3種類で、主に小型の30〜5
0cmほどのものがメインですが、場所、時期によっては大きいものもアタックしてくるので、狙う場合はそれなりのタックルを用意する必要があります。

また、サワラに関しては歯が鋭く、噛み切られる可能性もあるのでその点は注意です。

 

・サバ

f:id:zako-angler:20201101113906j:image

サバは回遊次第なところが大きいですが、回遊に当たれば高確率で爆釣になります。

だいたい20cm前後が多いですが、地域や時期などによっては30cm以上の大型も釣れます。

 

・アジ

f:id:zako-angler:20201101113454j:image

アジもショアトローリングの好ターゲットです。

サバ同様、回遊に当たれば高確率で爆釣です。

特にシラスに付くアジとなればショアトローリングの右に出るものは無いといっても過言ではありません!

アジはつつくようなアタリが多く竿が硬いと弾きやすいので、狙う際は柔らかめの竿を使うことをオススメします。

 

・シーバス

f:id:zako-angler:20201101115341j:image

マイクロベイトを捕食しているシーバスが相手でもショアトローリングは絶大な効果を発揮します。

狙う際の注意点ですが、シーバスは捕食が下手な上に速い動きについて行けない魚なので、早巻きは禁物です。

シーバスも含めた全ての魚を狙いに行くなら、だいたい1秒間に1〜1.5回のペースでリールを巻くのがオススメです。

 

・エソ

f:id:zako-angler:20201102211801j:image

こいつは…もう定番ですね(笑)

ボウズ回避をさせてくれるありがたーい存在です。

底の方を探っていると頻繁にひったくってきます。

大きい個体はよく引くので割と楽しめます(笑)

骨は多いですが、身は綺麗で臭みも無く、骨さえ何とかすれば美味しく食べれる魚です。

 

ここで紹介したのは僕が釣ったことのある魚ですが、これ以外にも根魚やフラットフィッシュも釣ることが可能です。

メタルジグじゃなかなか反応しない魚も反応したりするので、狙い方次第で様々な魚を釣ることができます!

 

ショアトローリングの弱点

ここまでショアトローリングの利点を紹介してきましたが、当然弱点も存在します。

  • 仕掛けが絡みやすい
  • ベイトがある程度大きいと反応が悪くなる
  • 針が1本なのではるか沖でヒットさせると手前に寄せる途中でバレることも…
  • フォールのアタリは取れない

僕自身、一番致命的なのはフォールのアタリが取れないことだと考えてます。

こういう時はメタルジグやプラグを使って狙う方が釣果も伸びるのでそちらを使ってみてください。

メタルジグやプラグにも当然弱点はありますし、ショアトローリングにも同じことが言えます。

でも、両者の弱点はほぼ正反対で、逆に言えばそれを補い合う関係でもあるので、両方とも持っておくのがベストです。

 

さあ、ショアトローリングを始めよう!

f:id:zako-angler:20201102210002j:image

投げて巻くだけで爆釣が期待できるショアトローリング。

マイクロベイトパターンの時は絶大な効果を発揮し、僕の経験ですが、周りのルアーマンが嫉妬して斜めにキャストしてお祭りしてきたりすることもありました(笑)

特に夏から秋は小型回遊魚も多くなり、ショアトローリングの出番が多くなります。

ハマればそれほど周りに差をつけられるので、選択肢の一つとしてショアトローリングを入れてみてはどうでしょうか。

本記事を参考にして、ぜひともチャレンジしてみてください!

 PVアクセスランキング にほんブログ村