へっぽこアングラーだーやま

SLS専用ロッド買ってみた!

【スポンサーリンク】

先日SLS(スーパーライトショアジギング)専用のロッドを購入しました。

今回はその使用感などを紹介していこうと思います!

スペック

・長さ:9.6ft(2.89m)

・自重:136g

・仕舞寸法:148.5cm

・ルアーウェイト:2g~24g

・ライン(pe):0.5号~1号

・ライン(lb):~20lb

・テーパー:レギュラーファースト

購入に至った経緯

f:id:zako-angler:20201112200935j:image

購入したのはアブガルシアのソルティースタイル スーパーライトショアジギング 962L-KRです。

僕はショア青物、チヌトップ以外にSLSやショアトローリングもやっていて、今までSLSやショアトローリングにはチヌトップ用の8フィートのロッドを使っていました。

ですが、チニングロッドでSLSをやっているとグリップエンドが短い分、手首を返してジグをしゃくることになって、だんだん手首が痛くなってしまってました。

f:id:zako-angler:20201112202200j:image

ショアジギング全般に言えることですが、グリップエンドを脇に挟んでしゃくることがどれだけ楽なことか…(笑)

ショアトローリングでは一人勝ちをしていたとはいえ、沖のボイル撃ちの際に飛距離が足りないということが時々ありました。

飛距離が出て、なおかつ小型のアジのアタリも取れるロッドとなると、9フィートでLクラスのシーバスロッドやSLS専用ロッドがいいかなと思い、いろいろ探していると、かゆいところに手が届くこのロッドが目に入り、購入に至りました。

※ショアトローリングについてはこちらの記事にやり方等を記載していますので是非ご覧ください! 

hetakuso-angler.com

 

実際に使ってみた

f:id:zako-angler:20201112202309j:image

早速釣り場に行ってどんなものか使用感を確かめてみることに。

今回は別に釣れなくてもいいやってことで何も狙いません( 'ω')/ 

重いものから投げるのもあれなので、とりあえず10gのメタルジグから投入。

キャストしてみると、気持ちよく飛んでいきます!

チニングロッドで投げてた時よりも竿にジグの重みを乗せる必要がなく、ある程度重みが乗っているだけでぶっ飛んでいきました(b・ω・)b

続いてはジャークのやりやすさ。

自宅に届いてすぐ竿を振って見た時は、なんか柔らかすぎてだるんだるんでこれ大丈夫か?って感じでした(笑)

実際にしゃくってみると、だるんだるんな感じはあまりないようです。

ただし細かい操作はしづらく、そこは短いロッドの方がいいです。

フォール中にフグかエソかは分かりませんが、何かアタリがあったのですが、それがハッキリ分かるので感度もめちゃくちゃいいです。

そのアタリは乗らなかったんですけどね(笑)

f:id:zako-angler:20201112203026j:image
f:id:zako-angler:20201112203044j:image

その後もいろいろと投げてみましたが、プラグは15gほど、ジグは10〜18gが気持ちよく飛んでいきます。

20gを超えてくると竿が負けてしまってる感じが出て、なんか折れそう…っていう不安がよぎってきました( ºωº )

f:id:zako-angler:20201112203307j:image

ショアトローリングもやってみましたが、使ってるジェット天秤が4号(15g)でこのロッドで一番気持ちよく飛んでいく重量なので、ショアトローリングをやるにはピッタリです!

飛距離も格段に上がり、ミスキャストしてもチニングロッドでやっていた時の飛距離が出たりもします。

 

ここまでいろいろ試してみましたが、今後使う時は竿の負担も考慮して18g以下を使うことにします。

追記(2021.5.20)

半年近くいろいろな釣りで使ってきて、どんな感じなのかがかなり分かってきました。

f:id:zako-angler:20210520110500j:image

2.5gという軽量なミノーを使ってもそれなりに飛距離は出るし、しっかりと反発を活かして飛ばすことが可能です。

そして、10~15cmという可愛らしいセイゴの引きもそこそこ楽しめて、感度もかなりいいです。

f:id:zako-angler:20210520111148j:image

バイブレーションでボトムパンピングをしているとマゴチも釣れましたが、フォール時のアタリの取りやすさは素晴らしいです。

感度も良く、柔らかいロッドなので、頭を激しく振るマゴチはとても楽しめる相手です。

柔らかいとはいえ、バットには十分余裕があり、パワーも兼ね備えているようで、まさに「剛柔一体」という言葉がピッタリなロッドです。

ラインセッティング等で変化はしますが、単純にロッドだけで言えば、メーター級のサワラ、ランカーシーバス、~3キロクラスのブリまでならなんとかなりそうな感じです。

まだ釣ったことが無いので確証はありませんが、ロッドを使ってみてそう感じました。

今後も使ってみて、新たな発見がありましたら、随時更新していきます!

まとめ

  • 柔らかいがハリはそこそこある
  • 10〜18gのルアーが気持ちよく飛んでいく
  • 投げるなら18g以下が無難、20g以上はちょっと不安要素があるかも…
  • フォールのアタリは取りやすい
  • しゃくるのが楽
  • 超細かい操作がつけづらいのは注意

まとめるとざっとこんな感じ…ですね(・ω・)b

SLSだけでなくライトゲームや僕のおすすめするショアトローリングにもピッタリなソルティースタイル スーパーライトショアジギング。

まだまだ使い込まないと分からないこともありますが、ちょこっと使っただけでも性能の高さを見ることできたので皆さんにもおすすめできるロッドです。

皆さんもぜひ使ってみてください!

 

最後まで見ていただきありがとうございました!

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村

↑もしよければタップして応援よろしくお願いします!