へっぽこアングラーだーやま

ロッドショルダーベルトがあると手が空くよ

【スポンサーリンク】

竿を複数本持って行く時に重宝するロッドベルト。

でもそれだけじゃ移動時は少なくとも片手が塞がってしまいます。

そんな時に便利なのが肩からかるうことができる「ロッドショルダーベルト」

今回はそんなロッドショルダーベルトについて紹介します!

ロッドショルダーベルトの便利なとこ

f:id:zako-angler:20201129183448j:image

ロッドショルダーベルトは、この写真の通りロッドベルトが2つにベルトがついただけのシンプルなもの。

ポケットやカバンの中などに入れることができるので釣りをする時にスペースをほとんど使いません。

ロッドケースだと素材がソフトであろうとハードであろうと置き場に困ったり、重たくて長距離の移動になるとそれだけでも疲れる…なんてこともあります。

ロッドショルダーベルトはそういったことがなく、少しでも荷物を軽くしたい時や荷物を置くスペースが限られている釣り場に行く時に便利です。

僕の場合、自転車での釣行も多く、持ち運びの関係でコンパクトロッドを持って行ってましたが、ロッドショルダーベルトのおかげで今では2ピースロッドを持って行けるようになりました。

コンパクトロッドよりも自重が軽く、ルアーの操作もしやすい2ピースロッドを持って行けるのはかなり大きなアドバンテージです!

また、山を越えていくような地磯釣行や離島への遠征、電車での釣行にも、荷物が軽くなったり、手が空くという点で便利です。

 

使い方いろいろ

f:id:zako-angler:20201203072705j:image

ルアーロッドを買った時に一緒についてくるケース(袋)に…
f:id:zako-angler:20201203072804j:image

そのまま上から装着したり、
f:id:zako-angler:20201203072840j:image

シンプルにロッドに巻くという使い方もできます。

でもこれだけじゃ穂先が剥き出しなので…
f:id:zako-angler:20201203072951j:image
f:id:zako-angler:20201203072959j:image
ティップカバーもあると便利です!

f:id:zako-angler:20201204202958j:image

ロッドを保管する時や車を横付けできる釣り場の場合はベルトが不要だったりしますが、そんな時はショルダーベルトを外してロッドベルトとして使うことも可能です。

 

ロッドショルダーベルトで移動を楽に

ここまでロッドショルダーベルトについて解説していきましたが、手が空いたり使わない時にもコンパクトに収納できる点で非常に便利です。

皆さんもぜひロッドショルダーベルトを使ってみてください!

 

おすすめのロッドショルダーベルト

僕が使っているものなのですが、安価で長持ちします。

またロッドベルトも4本(2ピースロッド×2)くらいなら余裕で巻くことができます。

安いのにマジックテープもしっかりとしていてコスパは抜群です。

 
クロスファクター(CROSS FACTOR) ロッドキャリーベルト ANC712

こちらはおまけですが、僕の使っている、セットで使えるティップカバーです。

 
TAKAMIYA(タカミヤ) RELAMETHOD ネオプレントップカバー TG-343 M

 

最後まで見ていただきありがとうございました!

 PVアクセスランキング にほんブログ村