へっぽこアングラーだーやま

DUEL LGポッパーのインプレ!前身のエバポッパーとの比較も!

【スポンサーリンク】

f:id:zako-angler:20210118183802j:image

今回はデュエルの「ハードコア LGポッパー」のインプレをしていきます。

LGポッパーの性能

f:id:zako-angler:20210118184103j:image

・カップの内側にもう一つのカップ(インサイドディンプル)を設ける事で、サイズに見合わないほどの集魚効果を発揮。

・絶妙なポップ音とスプラッシュで、捕食スイッチON!

・ターゲットを水面まで引きずり出し、よりエキサイティングなゲームが可能。

はじめにLGポッパーのスペックについてですが、サイズは50mm、重さは4.5gです。

f:id:zako-angler:20210119172623j:image

水を受けるカップの内側にもう一つ、インサイドディンプルと呼ばれるカップがあり、弱めのアクションでも強めのスプラッシュとなり、このサイズに見合わない集魚効果を発揮します。

f:id:zako-angler:20210119173559j:image

後方重心のおかげで4.5gという重量でも30〜35mの飛距離は出せます。

浮き姿勢についてですが、LGポッパーはほぼ水平浮きです。

これといって尖った性能はありませんが、基本性能は充実しているので、どこでも使えるオールラウンダーといった感じです。

 

エバポッパーとの比較

f:id:zako-angler:20210119175007j:image

LGポッパーには前身となる「エバポッパー」(写真上)というポッパーがあります。

見比べるとお分かりいただけるかと思いますが、パッと見どちらもシルエットはほぼ同じです。

f:id:zako-angler:20210119175320j:image

若干LGポッパーの方が肉厚な感じです。

エバポッパーは重さが4gでLGポッパーの方が0.5g重くなっています。

また、エバポッパーにはフェザーフックが標準装備されてるのに対し、LGポッパーにはありません。

LGポッパーはフェザーフックが無い分、アピール力は下がりますが、その分飛距離は出ます。

個人的にフェザーフックはそのままあった方がよかったなーと思ってます。

f:id:zako-angler:20210119200519j:image

これはエバポッパーで、しかも終始サイトで釣れた45cmのチヌですが、追って来る時もフェザーフックに興味津々で、フェザーフックがあったからこそ食わせられた、そんな感じの個体です。

昨年LGポッパーで同じことをしましたが、追ってくるだけ追ってきて結局食わなかった…という展開が何度かありました。

 

対チヌでやっていること

僕自身、LGポッパーはチヌトップで使うことが多いです。

f:id:zako-angler:20210119200844j:image

初めて見えチヌを逃して以来、ティンセルフックをリアに付けるようになりました。

ちなみにティンセルフックは自作のものです。

これを付けるだけでチヌの食いが明らかに変わりました。

ちなみに…今までヒットさせてはいるんですが、全て途中でフックアウトしてます(笑)

確実に言えることは、フェザーやティンセルをつけることで明らかに食いこみがよくなるということです。

f:id:zako-angler:20210119201733j:image

チヌトップの外道ではありますが、シーバスもティンセルをつけることで確実に食いこみがよくなりました。

ティンセルを付けた分、飛距離は落ちますが、飛距離を落としてまでティンセルを付ける価値はあると思います。

ただし、飛距離が必要な場面では外すこともあります。

足元の見えチヌのような、飛距離のいらない場所ではティンセルフックを付けてやりますが、サーフや干潟で使う時は手前にいることが分かってる時以外は外します。

食い込みをよくするか、それとも飛距離を出すか、釣り場やその時の状況に応じて臨機応変に使い分けるとさらに釣果が伸びますよ。

 

オススメカラー

f:id:zako-angler:20210119210051j:image

ポッパーって泡でシルエットをぼかせるし、魚はだいたい真下、あるいは後ろ斜め下から見てることが多いので、僕的にはあんまりカラーは気にしなくてもいいと思います。

そもそも泡と音でアピールすることが多いので、あんまり関係なかったり…っていうのが僕の考えです。

もちろん全く関係ないわけではなく、クリアカラーみたいな他とは明らかに違うやつだと恐らく差は出てきます。

オススメは?と言われるとクリアーシラスピンクイワシです。

クリアーシラスは光を透過してシルエットをさらにぼかせてさらにそこに音と波紋、泡が加わるので魚の興味を惹きやすいです。

対してピンクイワシは人間側からの視認性が良く、トレースコースが分かりやすいという利点があります。

LGポッパーにはカラーは全部で10色あります。

あくまで僕個人のおすすめですが参考になれば幸いです。

 

LGポッパーでライトゲームを楽しもう!

f:id:zako-angler:20210119211009j:image

セイゴやチヌなど、ライトゲーム全般で使えるLGポッパー。

基本性能が充実していますのでどんな場面でもきっと活躍してくれます。

皆さんもこの性能をぜひフィールドで体感してみてください!

 

最後まで見ていただきありがとうございました!

当ブログではブログ村のランキングに参加しています。

以下のバナーを押して応援よろしくお願いいたします。

 にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村