へっぽこアングラーだーやま

【釣行 3月26、27日】やるぜ!春チニング 第6話

【スポンサーリンク】

こんにちは!

ボウズ続きでも何かしらのヒントは得て帰ってくるこの春チニングのシリーズも6回目です。

今回は26、27日の釣行の記録と、ここまでの総集編的なやつです。

3月26日

この日はレンタルボートで釣りに行く前にちょこっとだけチニングをしましたが、何も当たらずに終了しました(゜゜)…

それだけです(笑)

3月27日

この日は風もそこそこあって波気もある状態。

サイトではちょっと見づらい状況ですが、風裏を見つけ、そこを重点的に攻めていきました。

f:id:zako-angler:20210327161325j:image

ワームは前にヒットさせたBUN太の根魚タイプとパワークラブの組み合わせ。

見えチヌを探して、気づかれないようにキャストして誘っていきます。

動かす時は少しシェイクする程度というのが基本ですが、チヌも個体によって性格が大きく違ってたりするので、動かしただけで逃げるやつや、遠くの着水音ですらビビり散らして逃げるやつ、逆に着水音のしたとこに行くやつと、これで釣れる!っていうテッパンのやり方が事実上存在しないっていうのがこの釣りの難しいところ。

今回はチヌは3チェイス、キビレ2チェイスでいずれも食わせきらず…といった感じです。

チヌに関してはちょっと動かしすぎたかなーって思ってるのでこれはちょっと反省。

でも気づかれないように誘えば食ってくることはもう証明済みなので、ゲットまではほんとにあと少しなんです。

問題はキビレ。

トップ、ボトム共通ですが、チヌはルアーの後ろを追ってくるのに対し、キビレは視点を変えながら(追う位置を変えながら)追ってきます。

しかもルアーの後ろだけでなく前にも(ラインのある側)来ます。

この視点を変えてる段階でラインやスナップなどの違和感に気づいて逃走したり、張ったラインに激突して逃走したりするのでかなり厄介です。

f:id:zako-angler:20210327194420j:image

パワークラブでの反応が良かったこともあって、手持ちのワームもカニ系(クラブとかホッグとか言うんかな…)が多数を占めてたんですが、次からはシャッドテールのものとかも使っていこうかなと考えてます。

カニ系で見切るやつにはなんか効きそうですよね^^*

次の釣行が楽しみでなりません!

ここまでのまとめ

今までの釣行で得られた情報をまとめると

  • 影を出すと負け
  • 覗く時は1~2歩引いたとこか中腰かしゃがむ
  • キャスト時はチヌの死角へ
  • 着水はなるべく控えめに(それだけで逃走されることも)
  • 一匹が逃げると周りのやつも逃げるので注意
  • 動かしすぎは基本NG
  • ラインは常に張り、動かす時もできる限り張る
  • 動かす方がいいのか、止める方がいいのかはチヌの性格に左右される
  • 障害物を絡めても絡めなくても一応反応はある
  • パワークラブがかなり強い(特に茶色)
  • 見えキビレは無理ゲーw

ざっとこんな感じです。

キビレは結構厳しいですが、チヌは釣り上げるまでもうすぐそこという状態です。

夏は簡単に釣れるのに春は結構苦戦してます(笑)

春チニングは今後どうなるのか、お楽しみに!!

 

最後まで見ていただきありがとうございました!

当ブログはブログ村のランキングに参加しています。

以下のボタンをクリックして応援していただくと幸いです。

今後とも当ブログをよろしくお願いします!

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村