へっぽこアングラーだーやま

【釣行 4月10日】やるぜ!春チニング 第11話

【スポンサーリンク】

こんにちは!

今回は朝マズメに春チニングへ行ってきました。

水温も上がって活性は高め、しかし…

f:id:zako-angler:20210410170116j:image

徐々にトップにも反応が出始め、そろそろ夏の釣りへの移行を始めてもいいなーと思う今日この頃。

トップ系ルアーを投げると今日は5チェイス。

なかなか食わないんですが、興味を持ってついてくるんで、いずれ食いつくんじゃないかなーと楽観視してます(笑)

f:id:zako-angler:20210410170316j:image

ある程度明るくなってからは直リグの出番。

今まではちょこちょこ動かしていたのに対し、今回は放置っていうのを意識しての挑戦。

今回付けてるワームはジャクソンの「ちぬころクロー」です。

フロートタイプのワームなので、着底するとワームが立ち上がり、カニが威嚇してるような感じになります。

また、鈎には軽いチヌ鈎を使っており、吸い込みも抜群にいいです。

流れがあるポイントでは放置してるだけでゆらゆらと動いてくれるのでそれだけで良いアピールになります。

直リグをチヌの死角に投げて放置し、チヌが近寄ってくるのを待ちます。

ここで動かすと反応してくるやつもいるんですが、逃げるやつの方が多いので、ここはグッと我慢して待ちます。

すると、1分以上ジーッと様子を見てくるではありませんか。

そしてそのまま撤収…

動かすのは論外、止めても見切られる、どうしたらいいんでしょうか…

トップ以外の選択肢が無いとするならもう少し暖かくなってからじゃないと攻略不能になってしまいます。

夏まで別の場所を開拓するのもありかも…

マタオマエカ

f:id:zako-angler:20210410201958j:image

場所を移動してる時の道中で見つけたカモ。

3月にいたやつと同じ個体のようです。

こいつがいるとチヌが警戒して食わなくなるのでかなり厄介なものです。

もう少ししたらいなくなるはずなんですが…どうなんでしょうね。

結局この後もアタリが無いまま納竿に。

もう少しでトップに出やすくなるのでしばらくは我慢ですかね。

おまけ

f:id:zako-angler:20210410202224j:image

釣りに行った後は水環境館に行ってみました。

ここにある河川観察窓は河川の中を見ることができ、野生のシーバスやチヌなどの生態が見られるとても勉強になる施設です。

 

こんな捕食シーンに遭遇することも…!

シーバスのボイルを下から見れるなんて、水族館じゃほぼ無理ですよね(笑)

河川観察窓にはシーバスやチヌ、ハゼ、ボラなどの汽水域の魚を中心に、運が良ければエイやメッキ、サゴシやアジなんかが海から上がってきてたりもします。

入館無料なのがまたありがたい…!

f:id:zako-angler:20210410202602j:image

水槽もあって、観察窓に魚がいない時はこっちに行くと癒されますよ^^*

皆さんもぜひ一度行ってみてください!

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by だーやま (@fearlessrooster01)

今回はここまでです。

最後まで見ていただきありがとうございました!

当ブログはブログ村のランキングに参加しています。

以下のボタンをクリックして応援していただくと幸いです。

今後とも当ブログをよろしくお願いします!

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村