へっぽこアングラーだーやま

チニングで釣れた外道たち

【スポンサーリンク】

チヌ・キビレをルアーで狙うチニング。

そんなチニングには外道はつきもの。

今回は今までのチニングで釣れた外道を紹介します!

シーバス(スズキ)

f:id:zako-angler:20210507120248j:image

チニングでは避けては通れない魚です。

トップからボトムまで何をやっても食いついてきます。

特にトップに関しては、9月以降はチヌ・キビレよりも先に食ってくる可能性が高くなります。

僕のチニングではチヌ・キビレの数を遥かに上回る数が釣れます(笑)

ヒラスズキ

f:id:zako-angler:20210507120910j:image

まさか釣れるとは思わなかったやつです(笑)

生息域が限られるのでチニングでは結構レアな外道だと思います。

僕はトップでしか釣ったことがないので、他の釣り方ではどうなのかは分かりませんが、おそらくシーバスと同じようにトップからボトムまで何でも反応してくる可能性があります。

引きはヒラスズキの方が強烈で楽しめます。

タイリクスズキ

f:id:zako-angler:20210509195350j:image

スズキ、ヒラスズキと紹介したならタイリクも外しちゃいけないのかな…と。

小さいのでもしかしたらマルとのハーフだったりもするので、実際にはほんとに純血のタイリクかと言われるとそれは怪しいとこですがね(´~`)

まあ…タイリクってことでカウントしときましょう(笑)

クサフグ

f:id:zako-angler:20210507121345j:image

シーバスと同様、避けては通れない魚です。

こいつもトップからボトムまで何でも反応します。

特にトップでは、チヌやキビレと同じような波紋を出して追いかけてきて、さらには水しぶきもほぼ同じような感じなので上げてみないと分からないです(笑)

ワームを使えばボロボロになり、酷い時は鈎を折ることもあるので厄介です(゜゜)…

時々捨てられて干からびたフグを見かけますが、決してフグは悪いやつではないので、釣れても優しくリリースしてあげましょう。

カナトフグ(シロサバフグ)

f:id:zako-angler:20210509151328j:image

河川ではほとんど見かけないのですが、それでも河川で釣りました(笑)

鈎を折ったり、ワームをボロボロにするあたりは他のフグと共通です。

食べたら美味しいやつなので個人的にはクサフグよりはいいかなーと…(笑)

カサゴ(アラカブ、ガシラ)

f:id:zako-angler:20210509152005j:image

根魚の筆頭格、カサゴもよく釣れます。

岩場ではチヌやキビレよりも先に釣れやすいです。

成長が遅く、年々数が減ってるので、小さい個体はなるべくリリースしてやってください。

タケノコメバル

f:id:zako-angler:20210509152214j:image

ズル引きというよりも、ボトムパンピングやリフト&フォールなど、リアクションバイトを誘うようなやり方でよく釣れるような気がします。

シャッドで中層のチヌを狙ってたらヒットしたこともあるので、カサゴよりも行動範囲が広いと思われます。

カサゴ同様、数が減ってるので小さな個体はなるべくリリースしましょう。

マゴチ

f:id:zako-angler:20210509152739j:image

川でバイブレーションでボトムパンピングをしてたら釣れました。

汽水域にも頻繁に入ってくるので、チニングでは定番の外道と言っても過言ではないです。

あまり走りませんが、頭を振ってものすごく抵抗するので引きは強烈です。

高級魚で、釣ってよし食ってよしの嬉しい外道です。

ヒラメ

f:id:zako-angler:20210509153905j:image

こいつも…まさかの川で釣れました(笑)

汽水域とかにいないイメージがあるのですが、砂地であれば意外といるみたいです。

こいつもボトムパンピングで、ネチネチ探ってたら釣れました。

マゴチ同様、釣ってよし食ってよしの嬉しい外道です!

キス

f:id:zako-angler:20210509155306j:image

個人的に、砂地であればよく釣れる方じゃないかなーと思うのがこのキス。

僕はチニングではマイクロジグもよく使うんですが、マイクロジグやバイブレーションでボトムを攻めてると

よく口を使ってきます。

数は出にくいですが、釣れるのはだいたい大きいやつなので、チヌやキビレに混じって釣れたら持ち帰って一緒に天ぷらにして食べるのもいいかもしれません。

エソ

f:id:zako-angler:20210509154140j:image

特に夏~秋は砂地の河口や海でやってると割と釣れます(笑)

ボトムパンピングをやってる際は、フォールよりもしゃくり上げてる時に反応してくる傾向があります。

ショアジギングでは定番の外道ですが、チニングではそこまで定番ではないかなーという感じ。

他の魚よりも骨が多く、敬遠されがちな魚ですが、身は綺麗な白身で骨さえ綺麗に抜けば美味しく食べれる魚です。

ヘダイ

f:id:zako-angler:20210509155609j:image

はっきり言って狙って釣れるやつではありません。

河口とかにもよく現れるらしいので、釣れたらチヌやキビレよりもずっとラッキーです(笑)

身が綺麗で、マダイにも引けを取らないくらいとても美味しいので、嬉しい外道です^^*

メッキ(ギンガメアジ、ロウニンアジ)

f:id:zako-angler:20210509155827j:imagef:id:zako-angler:20210509155853j:image

釣れる時期、場所は限られますが、一匹釣れると止まらないです。

群れに当たるとトップからボトムまで、何をしても食ってきます。

僕はメッキがいることが分かったら即メタルジグに変えてます(笑)

よく引くし、いっぱい釣れるし食べても美味しいので、嬉しい外道の中でもかなり上位に入るんじゃないかなと思います^^*

サバ

f:id:zako-angler:20210509193953j:image

チニングなのに青物も釣れちゃってます(笑)

30cmくらいあればいいご飯になるんですが、この時釣れたのは15cm程の個体。

小さくてもよく引くので楽しめます。

サワラ

f:id:zako-angler:20210509194138j:image

※チニングで釣れた時の写真が無かったので、別の日に釣れた同じくらいの大きさのやつの写真で代用してます。

サワラと言っても釣れたのは45cmくらいのサゴシです。

まさかの川で釣れました。

川はシーバスとかならしゃーないなと割り切れるのですが、こいつになるともうどう思えばいいのやら…(笑)

ブリ

f:id:zako-angler:20210509190838j:image

まあ…ブリって言っても極小のヤズですけどね(笑)

川でマイクロジグを対岸まで投げてネチネチとボトムパンピングしてたら釣れました。

やたらと青物が川で釣れるのはなんでなんでしょうかね(゜゜)…

その後もトップに出たりしてました。

僕のチニングってマゴチやシーバスみたいな嬉しい外道も多いのですが、青物は嬉しいと言うより意外すぎて言葉が出なくなります(笑)

余談ですが、チニングでマイクロジグって意外と使えるので皆さんも使ってみてください!

コノシロ

f:id:zako-angler:20210509194615j:image

ここまで来るとどんだけ外道釣っとるんよって思ってる方もいるかもしれません(笑)

ピンぼけしまくって、1番いいのがメタルジグに引っかかった時の写真しか無いのですが、口にかかってるやつもいました。

大群でいることがほとんどなので、1匹引っかかったらもう止まらないです(笑)

夏場は河川に上がってきてプランクトンを食べまくってる光景によく遭遇します。

ボラ

f:id:zako-angler:20210715141120j:image

汽水域では定番のボラ。

引っかかることが多いですが、バチ抜けのシーズンにはルアーにがっつり食いついてきたりすることもあります。

綺麗なとこのやつなら美味しいのですが、チニングのポイントでは臭いヤツばかりなのがネックなところです。

セスジボラ

f:id:zako-angler:20210715141140j:image

ボラの仲間で、ボラよりも背中が体高があって、背中に1本の線が入っているのが特徴です。また、さほど大きくならないやつです。

ボラはトップに出る時は水しぶきが上がることがほとんどなく、しれーっと食いついてるっていうことが多いです。

ブラックバス

f:id:zako-angler:20210514131212j:image

まさかまさかの淡水魚まで釣れてます。

まあ…川でもやってるんでいつかは釣れますよね(笑)

トップで釣れたんですが、ほとんどシーバスと変わらないようなヒットのしかたでした。

いつかまた別の淡水魚に会えるかもしれないので、そこは楽しみっちゃ楽しみです(笑)

テナガダコ

f:id:zako-angler:20210509195549j:image

チニングを初めて以来、ズル引きでの唯一の釣果です。

大きさは70cmほどというとんでもないサイズでした。

チニングってズル引きが定番ですが、未だにチヌorキビレが釣れないです。

それどころか魚類が釣れてませんw

でもこれはこれである意味伝説になるかもなんでまあいいやって感じです(笑)

モクズガニ

f:id:zako-angler:20210514132126j:image

汽水域でやってると岸沿いとかにいるんで、おそらくは頻繁に見かけるやつです。

護岸沿いのボトムを攻めてるとよくかかるんですが、水面から出た瞬間にルアーを手放すので、タモが無いとなかなかランディングできないやつです。

ナマコ

f:id:zako-angler:20210514130234j:image

※チニングで釣れた時の画像が無かったので、青物狙いで釣れた時の画像を貼ってます。

真っ二つにしてもそれぞれ再生して増殖する究極生命体です(笑)

バイブレーションやメタルジグでボトムパンピングをしているとよく釣れます。

引っかかる形で釣れるのがほとんどですが、稀に口に掛かってたりするので、もしかしたら……(笑)

トゲアメフラシ

f:id:zako-angler:20210514132154j:image

ボトムパンピングでヒットし、最初はゴミかと思ったのですが、紫色の液体を出したので、ウミウシ?と思いきや、アメフラシでした。

アメフラシの中でも「トゲアメフラシ」と呼ばれる種類です。

いるとこには結構いるみたいで、立て続けに釣れたりもします。

 

…とまあこんな感じで、釣れた外道はなんと25種類!

ここにチヌとキビレを含めると27種類と、もう多種多様です。

チニングなのに、チヌとキビレの数が少なく、むしろこいつらが逆に外道なのではと思うくらいの数が釣れてるやつもいます(笑)

捉え方を変えると、チニングはこれだけの魚、その他生物と出会うことができる面白い釣りであるとも取れます。

僕はいろんな魚種が釣れる釣りが好きで、チニングに関しては、当初はチヌとキビレだけかなと思ってましたが、想像を絶するくらいいろんな魚種が釣れるので、今もどっぷりハマってます!

トップゲームとか特に楽しいですもんね^^*

皆さんもぜひ、チニングにチャレンジしてみてください!

 

最後まで見ていただきありがとうございました!

 にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村

↑もしよければタップして応援よろしくお願いします!