へっぽこアングラーだーやま

ライトショアジギングにおすすめのロッド8選!コスパの良いロッドを紹介!

【スポンサーリンク】

今回はライトショアジギングのおすすめロッドを紹介します。

コスパ最強クラス!おすすめのライトショアジギングロッド8選!

ここでは2万円台前半までのコスパの良いロッドを紹介します。

1.〜1万円台前半

・タカミヤ REALMETHOD SHORE JIGGING-GRⅡ

北九州に本社があり、「釣具のポイント」を経営しているタカミヤのショアジギングロッドです。

ライトショアジギングをやるなら96ML、100Mがおすすめで、小型青物がメインなら96ML、それでは心許ないのであれば100Mがおすすめです。

最大の特徴はなんと言ってもその安さです!

安いだけでなく、この価格帯にして、糸絡みが減るKガイドを搭載し、ライントラブルのストレスも軽減されます。

また、操作性も抜群なので、最初の1本に特におすすめです。

 

・メジャークラフト 「三代目」クロステージ ショアジギング

人気No.1ジグの「ジグパラ」を販売するメジャークラフトのロッドです。

このシリーズにはライトショアジギングモデルが3つありますのでその中から選ぶと無難です。

メジャークラフトには入門用で1万円を切る「ソルパラ」がありますが、こちらの方がパワーがあるので、メジャークラフトのロッドを購入する予定で、予算に余裕がある方にはこちらをおすすめします!

ロッドの自重は200gほどで、不意の大物への対応力もあり、かなりコスパのいいロッドです!

・ジャクソン オーシャンゲート ショアジグ、サゴシ

こちらも1万円台前半のハイコスパロッドです。

ライトショアジギングをやる場合、おすすめはショアジグモデルの906ML-Kと908M-K、そしてサゴシモデルです。

特にサゴシモデルはロッドの自重が200gを切り、噛みつくようなアタリのサゴシへ対応するためにロッドが柔らかく、青物以外の魚を狙う時にもそのまま流用することができます!

 

・アブガルシア ソルティースタイル ライトショアジギング

こちらのロッドは入門用には持ってこいです!

なんといっても軽い!軽いんです!

ロッドの自重はラインナップされている全てが200g以下で、ルアーの操作がしやすく疲れにくいのが特徴です。

おすすめはこの2つです↓

 

2.1万円台後半〜2万円台前半

・コルトスナイパーBB

2021年にモデルチェンジし、旧モデルよりも素材が大幅にグレードアップ。

ライトショアジギング向けのモデルから本格的なショアジギング向けのモデル、さらには持ち運びに便利な3ピースモデルもあります。

この後紹介する上位モデルのSSよりもラインナップが豊富で、価格も安価なので、入門向けと言えるロッドです。

おすすめはこの5モデルです。

 

・シマノ コルトスナイパーSS

このロッドは他のライトショアジギングロッドと比較すると、1番柔らかいやつでも少し強めの部類に入ります。

逆に言えば、不意の大物への対応力はしっかりとあります。

少し安いものに「コルトスナイパーBB」があり、そちらでも全然大丈夫なのですが、もし予算に余裕があるのでしたらこちらをおすすめします!

ライトショアジギングで使うなら硬さはMクラスがおすすめで、長さは操作性を取るなら96、サーフや磯など、遠投が必要な場面が多いなら100、106がおすすめです!

・ダイワ ジグキャスターMX

ダイワのショアジギングロッド「ジグキャスター」の上位モデルです。

ライトショアジギングで使うなら96Mがおすすめです。

操作性、遠投性能の高さを両方とも兼ね備えた、ハイスペックロッドです!

 

・メジャークラフト トリプルクロス ショアジギング

「ジグパラ」で有名なメジャークラフトのショアジギングロッドです。

ライトショアジギングモデルもありますのでそちらを選ぶのがいいでしょう。

ロッドの自重は200gを切る軽さ、更に剛性もあり、大物への対応力もある、ハイコスパロッドです! 

 

他のロッドでの代用はシーバスロッドがおすすめ!

f:id:zako-angler:20200913105657j:image

他のロッドを代用する場合、一番おすすめするのは汎用性の高いシーバスロッドです。

あまり重いメタルジグは投げられませんし、超大物にはこてんぱんにされますが、ライトショアジギングロッドよりも軽くて疲れにくく、操作性もいいので全然流用できます!

ただし、使うのであれば狙いは基本的に小型青物などにしておき、大型も視野に入るのであれば人とその他障害物の少ない堤防やサーフにしておくと少し安心感が増します。

f:id:zako-angler:20200914210443j:image

実際に堤防でシーバスロッドを使って86cm、6.7キロのブリを上げられましたd(˙꒳​˙* )

ブリ、サワラであれば条件次第でシーバスロッドでも何とかなりますのですが、それでは心許ないのであれば問答無用でライトショアジギング専用ロッドを選ぶことをおすすめします!

おすすめシーバスロッド3選!

・シマノ ディアルーナ

個人的に一番おすすめするシーバスロッドです!

シマノのシーバスロッドは硬くてハリがあるので、ジグをしゃくる動作がとてもやりやすいのが特徴です。

ライトショアジギングをやるなら硬さはMかMHクラスがおすすめです。

ちなみにブリを上げたのはディアルーナのS100MHです。

個人的におすすめはこの2つです!

 

・ダイワ ラテオ

シマノでいうディアルーナのポジションに位置するミドルクラスのシーバスロッドです。

ディアルーナよりも自重が軽く、そして柔らかめで、どちらかというとただ巻きに向いてますので、ただ巻き用のジグやバイブレーション、ミノーなどが使いやすいです。

おすすめはこの2つです!

・タカミヤ REALMETHOD SEABASS-GRⅡ

釣具のポイントを経営するタカミヤのシーバスロッドです。

ショアジギングロッドと同じく、コスパの良いロッドで、大物相手には多少心許ないですが、小〜中型青物、フラット系なら全然楽しめるロッドです。

ちなみにこのロッドもポイントがセールをやるとほぼ毎回割引の対象になるので、セール中に買うのがおすすめです(笑)

個人的におすすめなのは96MHと100MHです。

 

自分の好みのロッドでライトショアジギングを楽しもう!

f:id:zako-angler:20200914214629j:image

ここで紹介したロッドはほんの一部で、まだまだ他にも色々なライトショアジギングロッドがあります。

様々な魚種を狙うことができ、手軽に始められることから近年人気も高まっています。

今回の記事で紹介したものを参考にしつつ自分に合ったロッドを見つけて、ライトショアジギングを思う存分楽しんでください!

 

 にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村

↑もしよければタップして応援よろしくお願いします!